SoftBankも通話定額の新料金プラン導入へ!データ通信量の翌月繰り越しも

SoftBankが、2014年7月から新しい料金プランを導入する方向だと、朝日新聞が報じています。

報道内容によると、国内音声通話定額を含む月額基本料金は2700円(スマホ・iPhone)/2200円(ガラケー)と、ドコモと横並び。
データ通信の料金プランは2つのコースが用意されます。1つは、あまったデータ通信量を翌月に繰り越せて、家族割引も付くコース。もう1つは、データ通信量を家族間でシェアできるコースで、ドコモと同様。
データ通信の料金は、月間の通信量が2GBだと3500円、最大の30GBだと22500円で、6段階から選べるとのこと。こちらもドコモと同様の料金です。

この新料金プランは、6月11日から予約受付開始となる予定とのことです。

2014年1月に発表した新料金プランが「高すぎる」と不評で、一部を見直し「スマ放題」と名前を変えて4月21日から提供を予定していましたが、直前にドコモが国内通話完全定額となる新料金プラン(カケホーダイ&パケあえる)を発表したことを受けて、SoftBankは新料金プランの提供を延期していました。

最近の人気記事:

カテゴリー: SoftBank タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。