サムスンがWindows Phone8搭載のスマホ「ATIV S」(アティーブS)を発表、発売日は未定。タブレット「ATIV Tab」(アティーブタブ)も

韓国のメーカー、Samsung Electronics(サムスン)は、OSに「Windows 8」「Windows Phone 8」を搭載したデバイスを発表しました。
「ATIV」(アティーブ)ブランドで統一され、スマートPCの「ATIV SMART PC」「ATIV Smart PC Pro」、タブレットの「ATIV Tab」、スマートフォンの「ATIV S」のラインナップが登場します。
なお、発売時期については未定となっています。

スマートフォンの「ATIV S」には、OSに「Windows Phone 8」を採用。
・4.8インチ「HD Super AMOLED」ディスプレイ
・1.5GHzデュアルコアプロセッサ
・800万画素メインカメラと、190万画素のフロントカメラ
などといったスペックとなります。

タブレットの「ATIV Tab」は、Windows 8のARM版「Windows RT」がベース。
・10.1インチディスプレイ
・1.5GHzのデュアルコアプロセッサ

日本語対応版が発売されるかどうかについても未発表となっています。

最近の人気記事:

カテゴリー: WindowsPhone タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。